基本音節表を覚えて韓国語の勉強を始めよう!+音節構造・パッチム

韓国語は基本音節から!

日本語の基本といえば、「ひらがな・カタカナ」が基本だと思いますが、韓国語の基本といえば、基本音節が基本だと思います。

基本音節の発音を何回も繰り返し、完璧に覚える事が大事ですので、下記の基本音節表を活用し、練習してみましょう。

無料ダウンロード

基本音節表を練習用にダウンロードしてみてください!

기본음절표1

音節の構造

ハングルは子音と母音が組み合わさって音を成すため、1音節は次のような構造になります。

*母音のみ:아 [a]

*母音+子音:가 [ga]

*子音+母音:왕 [wang]

*子音+母音+子音:감 [gam]

バッチム「받침」

1) 7種類の代表音

全ての子音がバッチムとして使われますが、音節末に付いたり、子音が後続すると下記の7種類の代表音で発音されます。

받침

단어 복사

2) 2個のバッチム

バッチムになる子音は最大2個であり、音節末や子音が後続する場合、2つの中、片方が発音されます。

例) 닭 [닥] 、 젊다 [점:따]、  값 [갑]

3) 連音化

バッチムの後に母音が続く場合、バッチムと次の母音を合わせて読みます。バッチムの連音化にご注意して発音してみましょう。

例) 좋아요 [조아요]、  한국어 [한구거]、  있어요 [이써요]