タイの最後の楽園、リペ島(Koh lipe)で特別な年末旅行を!

エメラルド色の海が素敵なリペ島(Koh lipe)とは?

タイのモルディブと呼ばれ、タイの最後の楽園であるリペ島(Koh lipe)に行ってきました。(旅行期間:2015/11/20~2015/11/22)

美しい島が多いタイはサムイ島、ピピ島、プーケットなど有名な島が多いんですが、リペ島はまだ知られてないとても美しい島です。

▼これは自分が撮った写真です。

リペ島

コサムイ(Koh samui)、コリペ(Koh lipe)のように冒頭にくる’Koh’はタイ語で島という意味です。リペ島はマレーシアのランカウィから近いんですが、船で1時間半くらいで移動ができる距離です。

リペ島シーズン

ベストシーズン:11月〜4月
ピークシーズン:12月中旬〜2月

リペ島へ行き方!マレーシアランカウィ→ランカウィ→リペ島

自分はマレーシアのペナンから出発し、ペナン−ランカウィはエアアジアで30分、ランカウィ−リペ島はフェリーで1時間半かかりました。(ランカウィは島全体が免税で有名ですが、今度アップします♪^^)

ランカウィからリペ島に移動するため、着いたところは↓クァアタウン・ジェティー(Jetty)フェリーターミナルです。チケットの予約は「Thai Beach Travellers」からです。
http://thaibeachtravellers.com/destination/koh-lipe/taxi-boat-pick-up/

Check in!

これをboarding passで変えてもらわないといけませんが、、、正式なカウンターではなく、↓ここのフードコートの中でチェックインをしないといけないみたいでした。

本当に怪しいと思いつつ、何人かの店員さんに聞きましたが、返事は全部同じでした。(笑)それでしかたなく、一応フードコートの中でジュースを飲みながら、チェックインの時間まで待ちました。

12:30になると、いきなりここに小さいテーブルができ、簡易のカウンターができます。(笑)まさかのこのフードコートの中に!!!です。

ここでチェックインができます。パスポートを預けて、13:30に戻ってきてチケットとボーディングパスをもらえばオッケーです。そして、出国審査場に移動〜!!この表示板をみて通ります〜!

ここで旅行Tip! フェリーターミナルでお手洗いをご利用する場合、0.5リンギを用意して下さい。0.5リンギの支払いが必要となります。

入口を通って、この道をずっと歩いていけば、出国審査場がでます。

審査が終わった後、乗ったフェリー!約150人〜200人くらい乗れそうな規模です。揺れなくて良かったですが、中が寒かったので、上着は必須です!船着場は海の上にあって、島に行くのには小さい船に乗り換えます。

サンライズビーチが見れる素敵なアイディリック・コンセプト・リゾート(Idyllic Concept Resort)

やっと、リペ島(Koh lipe) に到着でーす!

↓ここで入国審査を行います。

Idyllic Concept Resortのスタッフさんが迎えにきてくれましたので、そのバイクタクシーに乗ってホテルに移動〜〜〜♪♪♪

そして、歩きます。

チェックインしながら、ウェルカムドリンク一杯!:)

自分が泊まったホテルは「アイディリック・コンセプト・リゾート(Idyllic Concept Resort)」というホテルでサンライズビーチも近く、プールもあり、スタッフさんも親切ですごく良かったです。

外観

朝食

客室

ビーチに持っていけるカバンもあり、可愛い帽子もありました。(笑)

シャワーは二つのところに分かれ、一つは中に、一つは木で作られた空間で外と繋がっていて気持ちよく、シャワーができます。綺麗です!

ミニバルコニーもあります。

客室を出て、少し歩けば、直ぐサンライズビーチとプールが!!!本当に素敵なリゾートでした。

考えたより、日が沈むのが早く感じました。残念!!!

1日目は結構移動が多かったので、簡単に夜ご飯を食べてサンセットビーチに行くことにしました。

Walking Street!!

リペ島で有名な町はやっぱり、「Walking Street」です。いつも観光客と現地人でいっぱいいっぱいです。

夜になると簡単にビールを飲んでもいいですし、薬局・小さい病院・マッサージショップ・レストラン・PUB・ATM・コンビニなど、色々な商店があるところです。

夜ご飯は静かなところで、決定!焼き鳥とココナッツの味がするスープを食べました。

レストランではお酒が売ってなかったので、店員さんと話してから近くのコンビニで買って、持ち込みで飲みました。(SINGHAは1缶で50〜55バーツ)美味しかったです。

サンライズビーチ・サンセットビーチ・パタヤビーチ

リペ島には「サンライズビーチ・サンセットビーチ・パタヤビーチ」で三つのビーチがあります。全部近いので、バイクタクシーで10分〜15分くらいなら行けます。バイクタクシーは距離関係なく、1人50バーツで価格が決められています。

1. サンライズビーチでMojitoを楽しみましょう!

この道を歩いて行けば、こんなに美しいサンライズビーチが開かれます。

スペインの方が作ってくれるモヒート♪100バーツで飲めます。ライムとミントの味が凄く美味しかったモヒート!

本当に素敵なサンセットがみれます。本当にビューティーホーです!

2. パタヤビーチ

リペ島のメインビーチであるパタヤビーチ。

エメラルド色の海で、魚が目の前に現れます。

3. これが本当のパラダイス!魅力的なサンライズビーチ

綺麗なサンライズを見ることができます。

リペ島のビーチは本当に不思議に午前と午後の姿が全然違います。午後にはこんなに波があり、海は深く、透明な海が見れませんが、午前10時半くらいから15時半くらいまでは波もなく、潮がひいて本当に穏やかになります。それで遠くまで行けますし、すごく透明な海で簡単にシューノーケリングができます。(色々な綺麗な魚も見れます。もちろんニモもいます。)

海の色がエメラルド色で本当に素敵です。

紫外線が結構強いので、日焼けにご注意下さい♪♪♪